calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

チンチン×4

見ての通り、我が家の入浴シーンです。
男天国?!


犯人確保!

この面構え、まさに犯人です!
逮捕ぉ〜


解決!?

えー虎岩礼央君の前髪紛失事件について説明します。
昨晩、礼央君の前髪が突然変な形で短くなるという珍事件が起こりました。
犯人と思われる男は当初犯行を否認しておりましたが、その後犯行をほのめかす供述をしております。
被害者の礼央君は鏡を見てビックリ、事態の大きさに気付き「明日、幼稚園休む」と戯言をぬかしたようです。
見かねた母親が急遽床屋へ連れて行き体裁を整え、何とか見れるようになった今朝の様子が上の写真であります。機嫌もよくなった様子が分かります。
日本では昔からこのようなことを『自業自得』と言うようであります。

えー現在確認したところによりますと、この件で振り回された母親が発熱するという2次災害が起き、被害はまだまだ拡大しそうであります。
こういう時、決まって最後に飛ばっちりを喰らうのが父親でありまして、今晩の飲み会への出席が非常に気になるところであります。
虎岩家に早く平穏無事な生活が訪れることを願って、レポートを終わります。

床屋さんが「こういう子、年に数人いますよ」って言ったそうです。
ほんとに??


事件です!

今日夕方久しぶりに亜紀子(奥様、3人の子持ち)から“愛メール”が届いた。
が、見てビックリ!礼央(次男、4歳)の前髪が…。なにこれ、タカ&トシ?(どっちかわからなくなった)
亜紀子が夕食の準備中に礼央が自分で切ったらしい。
本人は切ってないと言いはっているようだが、誰が見ても明らかです、ハイ。

どうすんだ???


ご機嫌取り

ビデオカメラがやばい。
撮れるけど見れない。正確に言うと、見れないから撮れているか分からないけど、あの音と感覚からたぶん撮れている。いや撮れていると思う。撮れていてくれ〜。

秋のビデオ大活躍シーズンだというのに・・・。
機械って、意思があるかのように故障する時がある。

夏には、「私の家におたくから間違いFAXが時々届く」とお怒りの電話があった。きけばウチからY社に送っている物。でもY社にもちゃんと届いている。FAXの誤作動だ。
業者にFAXを調べてもらったら、なんとFAXは潔白、Y社から転送されるFAXが間違って届いていた。ごめんよFAX。
しかしこの数日後からFAXが受信不可能になった。業者泣かせの基盤故障で復旧に2週間。どうやら無実の罪で疑われ機嫌を損ねたらしい。

かと思えば、排水の度にエラーが出ていた洗濯機は、我慢して使い続けたらエラーが出なくなり現在絶好調。その間した事は洗濯機の掃除。機嫌が直ったらしい。

これだから、ちょっとの故障で買い換えれないんだよね〜。
ただでさえ、使えなくなるまで使う性分なので。


永祐ぇ〜、これからお前がビデオに映る時代だぞ、いい子いい子してビデオ直してくれ〜

あぁ大黒柱

礼央(次男、4歳)が「キャプテンって何?」と聞くので
「仲間の中で一番偉い人だよ」と教えてあげた。

ついでに「おウチの中のキャプテンは誰だ?」と聞くと
少し考えてから「オレ」と答えが返ってきた。
それを聞いた太朗(長男、10歳)は「えっ?」
私は「…そ、そうだね」
亜紀子(配偶者、食欲の亜紀)は、「(この子ならこの答えで)正解だね」

父親の地位はこんなところから崩れ始めるんだと悟った瞬間であった。
飼い犬は、飼い主家族を主人から順番にランク付けし、自分の下に一人だけランク付けすると聞いたことがあるが、礼央の頭の中には自分を頂点とするピラミッドがあり、さぞかし私は底辺を担当しているのであろう。
気になるのは太朗の「えっ?」の後だ、なぁ太朗。
まさか「オレだよ」では… 太朗よ、お前もか。

写真は、まだあどけなさの残る3歳の礼央。この頃のピラミッドの頂点は…


オンステージ

今日は、浜ホール(市民会館)で幼稚園のお遊戯会です。

礼央君(次男、4歳)楽器に歌に劇に一生懸命。
親は写真にビデオに、その場所取りに一生懸命。

でも、こういうのって結婚式の披露宴と同じで、どうしても女の子の方が目立っちゃうんですよね。
がんばれ〜レオ〜

えっ私の披露宴?もちろん私も少ーしだけ目立たせていただきました。歌いながら退場しましたからぁ (恥)

今頃太朗は… ソフトボールの試合に行ってます。
そっちもがんばれ〜


踏みませんように

永祐(三男、2歳)君、少し言葉が通じるようになってきました。
お風呂入った、ご飯食べた、もう終わり等コミュニケーションが取れるとまた違った楽しみがあります。

でも、言ってはいけない言葉があるのです。一度機嫌を損ねると泣き叫んで転げ回って大変なのです。もう地雷です。
その一言に「熱い」があります。なぜかわかりませんが「これ熱いよ」と言うとスイッチが入ったように泣き出します。入らない時もあるんですけどね。
誰かぁ通訳してくれぇ〜

写真は、永祐お得意のポーズ。親指のソリが何ともいえません。


ハッピーバースデー!

今日は太朗の誕生日です。
11月1日、1並びでいい感じです。
もう10歳になったんですねぇ、早いもんだ。

太朗君ご希望のチョコレートケーキ、自分で作ったそうです。

どんな1年になるのでしょう。

我が家はこれから年末にかけて、妻と礼央の誕生日にクリスマスとイベント尽くしになります。
今年もこの季節がやってきました。
まぁ家族でみんなの誕生日を祝えることが、なによりですね。


浜松の偉人たち

先日食事中に太朗が突然「金原明善ってすごいよね」と言い出した。
食事中の話題がいきなり金原明善のお前の方がすごいよ、と思いつつ
続きを聞くと、興奮気味に
金原明善
の天竜川治水物語が始まった。

そういえば最近、本田宗一郎、豊田佐吉、山葉寅楠や河合小市・・・といった浜松の偉人たちの名前が太朗の口から出てくるのは、学校で地元のことを学んでいるんだねぇ。ベーブルースも時々出てくるけど。

私、島田人は小学校で金原明善を教わった記憶が無い。
改めて、浜松ってすごいところですね。

飲みに行った時に、先輩がカラオケで歌った ♪ビリーブ♪ という曲は小学校3年生で習うらしい。いい詞でした、忘れちゃったけど。

4年生くらいから、学校で教わることが結構面白くなってきてますね。
自分の知識と同等ということでしょうか?

金原明善がオランダ人に教わって植林したなんて、知らんかったなぁ・・・。


                  《秋色のじゅうたん》

<< | 153/159PAGES | >>